2月のお品書き

令和2年、2月のスタンダートコース(12000円)のご紹介です。

2月というと一年で最も寒い時期。ではありながら、どこか春の息吹を感じたりしませんか?お料理でもそれを感じていただけると嬉しいですねぇ。

〈前菜〉

飯蛸とフキの炊き合わせ 蒸し鮑と若芽の沼田

〈椀物〉

筍真薯 白魚 菜の花の清汁仕立て

〈お造り〉

変わり造り「天然平目の花ワサビ和え」「引っ提げマグロの焼き霜造り 割り醤油のムースで」「赤貝と黄金の子持ち昆布の生姜酢」

〈箸休め〉

若牛蒡の胡麻クリーム

大阪八尾の名産 独特の苦味と旨味 一番好きな野菜の一つです

〈焼物〉

牡蠣の松前焼き 本モロコの南蛮漬け など

幽庵地に漬け込んだ牡蠣に昆布の旨味がしっかりのって たまりません

〈煮物〉

丸大根と海老芋のあおさあん 炙り唐墨掛け

〈肉料理〉

A5ランクの黒毛和牛

シャトーブリアンのステーキや頰肉の柔らか煮込など数種からお選びいただけます。(一部、追加料金あり)

その他、今月も「ツキノワグマの胡麻味噌鍋」をご用意しています!!牛肉を思わせる旨味たっぷりのお肉ととても甘い脂身。大人気です!

〈ご飯〉

9割の方がお代わり!!

お米マイスターさんが育てた京都美山のコシヒカリを、羽釜を使って、大阪天満宮に湧く「天満天神の水」で1組1組炊き上げます!

だし巻き卵や自家製明太子などおかずとともにお召し上がりいただきます。

最後は、天然羅臼昆布から、丸一日かけて旨味を引き出し、シビ節(マグロ節)で仕上げた自慢のお出汁で出汁茶漬けに。

今月も雪洞の料理をお楽しみくださいませ。

top

淀屋橋 割烹 雪洞

〒541-0045 大阪市中央区道修町3-1-14

TEL 06-6226-8816

【最寄駅】地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅「11番出口」から
東へ二筋アパヴィラホテルの角を南へすぐ

【営業時間】18:00~24:00(22:00最終入店)
【定休日】日・祝