心にあかりが
灯るような
特別な夜を。

雪洞の思い 


お腹を満たす。ただそれだけのことなら、
きっとどこでも同じなのかもしれません。
しかし、人は大切な時間を割き、お店へと足を運び、
いつもよりもたくさんのお金を払って外食を楽しむ。
そう、食を楽しむ。外食はとても贅沢で、
特別な楽しみであると、雪洞は考えています。
だからこそ心を込める。技の限りを尽くす。
食材の切り方、火の入れ方、すべてを計算して
余韻までも演出する。
雪洞の思いは、目に見えないところに
たくさん宿っています。
この小さな割烹で、現代を生きる方たちが、
こだわりを持って毎日を過ごすあなたが
心からくつろぎ、感動いただければ、
これほど嬉しいことはありません。

出 汁

日本料理の基本である出汁こそ、
どこよりも贅沢にこだわりました。

プライベートプラン

基本こそ、贅沢に。

日本料理の基本である出汁。雪洞ではまず、たっぷりの天然羅臼昆布を一晩水に浸け、翌朝から夕方までの六時間、60度に保ちながら、出汁を引きます。そして、通常では考えられないほどまろやかな旨味が出た昆布出汁に合わせるのが、マグロからとった「シビ節」。カツオに比べて上品で、やわらかな風味が広がるシビ節を使うことで、より繊細で、素材の味を引き立てる極上の出汁が出来上がります。
雪洞ではこの出汁を、さまざまなお料理に使用。その贅沢な味わいを、ぜひお楽しみください。

割 と 烹

割烹とは切る(割)、
火を入れる(烹)こと。
調理とは理を以って、
味を調えること。

おもてなしプラン

理を以って、調える。

割烹とは切る(割)、火を入れる(烹)こと。調理とは理を以って、味を調えること。雪洞では文字通り、食材の切り方、火の入れ方、すべてを計算し、理に適った美味しさをご提供しています。
たとえばお刺身は極力手の熱を伝えないよう熟練の技術で、野菜は苦みや酸味が溢れないよう細心の注意を払って包丁を入れます。また、お肉、魚介に関わらず、その食材の旨味が最も凝縮される温度、時間を考え抜き、火を通しています。すべては食べることを、最大限に楽しんでいただくため。切る、火を入れる。そんな基本を追求するのも、雪洞の約束です。

素 材

ただその日、
その時期に最も美味しい食材を
全国から仕入れること。

おもてなしプラン

使うのは、本物だけ。

雪洞が仕入れる食材に求めるもの。それは美味しいかどうか、それだけ。産地、ブランドにこだわらず、値段を惜しまず、ただその日、その時期に最も美味しい食材を全国から仕入れること。それが唯一で、決して譲ることができないこだわりです。
また、お客さまがみな虜になる〆のお米は、京都美山のコシヒカリ。魚沼産や佐渡産のコシヒカリ、山形産のつや姫といった特Aランクをはじめ、30種類以上のお米を炊き比べて辿りついた、至福の味をどうぞお召し上がりください。

純米酒

唎酒師でもある店主が惚れんこんだ日本各地の純米酒。
特別な夜、新しい純米酒との出会いに酔いしれてみませんか。

おもてなしプラン

名前だけでは選びません。

美味しいのは当たり前。唎酒師でもある店主が惚れんこんだ日本各地の純米酒40~50種を常に取り揃えてお待ちしています。
そのラインナップの中には他店では出会えないような希少銘柄も多数。また、一般的にはボトルでしか提供されないようなプレミアム大吟醸も、定価のままグラスでご提供しています。珍しくて上質な純米酒を、何種類も味わってみたいというお客さまにもぴったり。特別な夜、新しい純米酒との出会いに酔いしれてみませんか。

淀屋橋 割烹 雪洞

〒541-0045 大阪市中央区道修町3-1-14

TEL 06-6226-8816

【最寄駅】地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅「11番出口」から
東へ二筋アパヴィラホテルの角を南へすぐ

【営業時間】18:00~24:00(22:00最終入店)
【定休日】日・祝